【2013】ハートフル北九州市議団の取り組み

===============
定例会で質問した議員
===============

2012年12月 定例会(一般質問)奥永浩二、三宅まゆみ
2013年 2月 定例会(代表質疑)世良俊明
(一般質問)白石一裕、三宅まゆみ、
2013年 6月 定例会(一般質問)浜口恒博、奥村直樹 9月
定例会(一般質問)大久保無我、白石一裕

================
北九州市議会の特徴的なとりくみ
================

北九州市は2013年2月10日に市政50周年を迎え、さまざまな行事を通じて市民全体で、50周年を祝うとともに、

各議会でそれにかかわる質問や更なるまちの賑わいづくりにつながる様々な提案をしてきました。

その中で提案していた北九州フルマラソンが50周年を締めくくるべく来年2月に行われることが決まりました。

昨年度北九州市議会全会一致で決議し、受け入れてきた震災がれきの処理については風評被害の防止に努めながら、

この3月に何事もなく無事に終了しました。 新球技場整備については過去の大型公共施設の失敗もあって、

市民の中にアレルギーのある中、 可能な限りの説明責任を果たすことを求めつつ、慎重に議論を深めてまいりました。

この9月議会で共産党を除く全会派の賛成で新球技場整備のための予算が可決致しました。

 

================
議会改革協議会
================

昨年度議員定数削減に関する直接請求が行われ、11減という削減案それ自体は否決したものの会派として

「議員定数は削減すべきであるが、その削減数については議会が主体的に決めるべきであり、

併せて議員報酬や費用弁償等も踏まえて議論すべきである」という考えのもと議会改革協議会において、

まず今任期の2年間までという機関を限定し議員歳費や政務活動費の削減などを前年度の任期中に決定実行しており、

今期新たなメンバーの中で、現在更なる議会改革の実現に向け新たに議会改革協議会が設置され、議論を重ねております。

 

 

=========================
民主党政令指定都市政策協議会総会IN北九州市
=======================


参議院選挙が終わり8月23日~24日にかけて北九州市のリーガロイヤルホテル小倉で「民主党政令指定都市政策協議会第9回総会・研修会」が開かれました。

総会研修会には、全国から民主党の政令指定都市市議会議員88名が参加、新設された民主党自治体議員局・古本伸一郎衆議院議員が挨拶されたほか、

参議院福岡選挙区で勝利したばかりの野田国義さんも挨拶し、大きな祝福の拍手を受けました。 研修会では北橋健治北九州市長が「北九州・新たな成長への

チャレンジ」と題して講演。市制50周年を迎えた北九州市の取り組みについて熱く語りました。 総会研修会では最後に「民主党再生と結束にむけた決議」を

満場一致で採択し、民主党を真に「暮らしを守る力になる」政党として再生させ、 反転攻勢をめざし、来るべき統一自治体議員選挙での勝利を誓い合いました。

24日は参加者が3コースに分かれて、北九州市の環境施策などの現地視察を行いました。